チャレンジャー一覧


※顔写真・氏名をタップすると「チャレンジャー詳細」ページに移動します。


金子 辰善(かねこ たつよし)

・内灘町民を題材に動画を作りたい

・内灘を舞台に短編映画を作りたい

・100人プロジェクトの運営仲間を募集したい


大草 亮(おおくさ りょう)

・地元内灘町から介護、福祉を盛り上げたい!という思いを持った皆さんと情報交換をしたい
・内灘町の介護人材を増やしていく取組みをしたい


新井 椋太(あらい りょうた)

・立ち上げたばかりのビルメンテナンスの仕事を内灘町で広め、誠実、情熱、感動を皆様に届けしたい
・内灘町の環境衛生を守りたい


畠野 宏美(はたの ひろみ)

・内灘町民の英語や外国人への苦手意識をなくして、国際交流の楽しさを伝えたい
・外国人観光客が増えて観光地化していく内灘町が、町民にとっても居心地のいい町であるよう、お手伝いをしたい



笠間 勝弘(かさま かつひろ)

・農園で働いている仲間が「ここで働いてよかった」と思える農園づくり
・生まれ育った内灘町に農業を通じ恩返ししていきたい


笠間 令子(かさま れいこ)

・地域に根付き、多様な人々が活躍できる農園を築いていこうと思っています。そして、「内灘町に笠間農園があってよかった」と思ってもらえるようになりたいです。


松金 孝佳(まつかね たかよし)

・心の病をもっている、ひきこもりや外にでれない方に自分の自叙伝を映画にすることをきめました。
・生きづらさについて、内灘町民にアンケートを出します!


和泉 清(いずみ きよし)

・内灘に湘南を作りたい。

・千里浜復活と能登里山街道を世界一の道路にする作戦など挑戦出来る機会が有ればと思っております。


行野 亜紀(ゆきの あき)

・音楽を通して、内灘町を盛り上げて行きたい。
・子供たちが元気に生き生きと過ごせる場所を作りたい。


松田 拓人(まつだ たくと)

 ・内灘町から全国へ、めだかの美しさ、癒し、感動をお届けしたいです。
・たくさんのめだか愛好家の方々と交流していきたいと思っています。


福塚 理恵(ふくづか りえ)

・内灘町の観光的なインスタ映え箇所などを花飾り、緑化して町外、県外からも観光客に来ていただきたいです。

・15年以上町民と共に続けているボランティア花壇があります。活動を継続させたいです。


川本 恵都子(かわもと えつこ)

・内灘町の美味しい食材を使ったスイーツを県内外に広め、内灘の魅力をアピールしたいです。
・食を通じて、お子様の身体と心の健やかな成長の、幸せタイムのお手伝いが出来たらなあと思っています。



赤田 賢治(あかだ けんじ)

・世代や性別、国境を越えたいろんな人達がスケボーを通じて楽しく遊べる場所を作りたい。 (みなさまのおかげですでにやらせて頂いてます)


三ツ井 良(みつい まこと)
・内灘町は海、河北潟、大野川と水辺に囲まれた町。恵まれたこの環境を活用し、他では真似出来ない楽しい町にしていき、仕事に生かしていきたいです。


門口 欣也(かどぐち きんや)

・「次世代の子ども達のために、この故郷の海を守りたい」
・海岸清掃活動はライフワークとして、これからも続けていきます。共感頂ける方がいらっしゃいましたら、是非私達とご一緒に活動してみませんか!?


中川 亨(なかがわ とおる)

・「我ら地球人!共に海のことを考えよう!」をスローガンとして、今の子供たちが親世代となって、子育て真っ最中に直面する2050年問題、今からできる事を考える活動を推進していきたいと思っています。
・海洋プラスチックだけの問題ではなく、地球全体のゴミ問題を考えていける団体と成長していければと考えています。

・ほか



松本 茂美(まつもと しげみ)

・成年後見人として人権面での支えと、実際に訓練を通して心とからだの両法のメンテナンスをして身体機能の維持向上をすることで実生活を支え、親ある時から親亡き後も障がい者の暮らしを守りたいと思っています。

・ほか


藤田 徹(ふじた とおる)

・「ちょっと困ったなあ…」と思った時に、すぐに頭に浮かぶ内灘町社協
・ちょっとした困りごとを身近に相談できる「福祉委員会」を全17地区に設置 ※現在6地区設置


輪島 千華(わじま ちか)

・今年初めて行われる「国家資格・愛玩動物看護師」の受験・合格
・犬猫のリハビリの知識を深め、実践プログラムを組む
・高齢動物と暮らす飼い主さんに集まっていただき、座談会の開催
・ペットと防災についてのセミナーの開催

北本 勝昭(きたもと かつあき)

・現在85回開催している恋活イベントを自分の代で150回まで開催し続けて地域の活性化のお手伝いをして行きたいです。
・健康的な食材をもっと身近に楽しんで頂きたいと考え2022年からEM農法を取り入れた無農薬農業をはじめました。

・ほか



木村 彰男(きむら あきお)

・これまでも現在も、沢山の小学生、中学生が来店してくれています。
その子達が、大学生になったり社会人になったり、結婚したり。そういう姿を見れる事が嬉しいですし、これからもかかわっていければと思います。


三野 隼平(みの しゅんぺい)

・内灘海岸を盛り上げる
・内灘に海の見える自家焙煎珈琲カフェを作りたい